充実した給付事業

成人祝金 

満20歳に達した時

[給付金額]

5,000円

 

 

 

 

結婚祝金

入籍した時

[給付金額]

(初婚)20,000円

(再)10,000円

 

 

 

 

出産祝金

会員又は会員の配偶者が出産した時

[給付金額]

10,000円

 

 

 

傷病見舞金

傷病により継続して欠勤した時(1年1回限り)

[給付金額]

(30日〜90日未満)10,000円

(90日以上     )20,000円

 

 

 

 

入学祝金

会員の子供が小・中学校に入学した時(生計を同一にする子)

[給付金額]

10,000円

 

 

 

 

永年会員ほう賞記念品

会員の資格取得日から起算し、それぞれ給付対象年数に

達した時商品で給付します。

10年11,000円

20年14,000円

30年25,000円

※永年会員ほう賞記念品につきましてはFCFより通知いたします。

 

 永年会員 ほう賞記念品の税務について 


慶弔金のうち永年会員ほう賞記念品については、給与所得として課税の対象となります。
課税方法など詳しくは、所轄の税務署にお問い合わせください。

内容:
事業主様(FCFとのご契約者)が会費を払い、従業員である会員様に贈呈するため、
給与として扱われ源泉徴収の対象となります。

取扱い:
会員様にカタログを渡した時が対象になり、直近の月で課税となります。
会費の負担割合で課税が判断され、事業主様ご負担の部分が課税されます。
事業主様が現物給与として源泉徴収し、カタログを会員様へ贈呈してください。

その他:
他の慶弔金は従来どおり非課税となります。

※永年会員ほう賞記念品につきまして、カタログ到着後遅くとも1年以内には商品の注文をお願い致します。
商品注文の有無につきましては商品発送後1年以内でなければ受領確認ができませんので、
カタログ到着後若しくは商品発送後1年以内にご連絡を頂かない場合にはご対応できませんので、予めご了承願います。

 

 

義務教育修了祝金

会員の子供が義務教育を修了した時

(中学卒業・生計を同一にする子)

[給付金額]

5,000円

 

 

 

 

結婚記念品(金婚・銀婚)

会員が入籍して満25年及び満50年に達した時

[給付金額]

(銀婚)10,000円相当の品

(金婚)20,000円相当の品

 

 

 

 

住宅災害見舞金

火災・風・水害により住居家屋に著しい損害を受けた時

[給付金額]

火災     〜100,000円

自然災害 〜30,000円

※被害状況により給付額が変動します
  尚、床下浸水は対象外となります
  住宅災害による同居親族の死亡 10,000円

 

 

 

 

死亡弔慰金

会員またはその配偶者、もしくは一親等の血族

(実父・実母・実子)が死亡した時

[給付金額]

 

会員50,000円

配偶者 30,000円

一親等血族10,000円

 

1. 余暇事業(公益目的事業)

 会員の親睦交流、余暇活動、健康増進及び自己啓発の推進を図り、レクリエーショ ン企画やグルメ企画を実施するとともに、保養施設の借上、施設利用の補助及び割引 等に関する多様な事業を展開し、会員の満足度向上を図る。

新しいサービスとしてローソンと提携し各種チケット特別割引や購入手数料の無 料化等を実施する。その他、ソフトバンクホークス2軍戦(タマホームスタジア ム筑後)年間指定 席の無料提供を実施する。
会員に人気の高い「日帰り温泉プラン」及び「特別宿泊プラン」並びに「テーマ パーク無料招待事業」を引き続き実施する。
保養施設の借上げについては、令和2年度は4〜5施設で行う。
九州各地の宿泊施設、テーマパーク、レジャー・スポーツ施設、商業施設等と割 引契約を締結し会員の利用を促進する。

2. 健康管理事業(公益目的事業)

 労働安全衛生法により、事業主に対し従業員への受診を義務づけている定期健康診 断の経費を助成するとともに、スポーツクラブの利用など会員の健康維持増進事業を引き続き実施する。

3. 研修事業(公益目的事業)

 企業への経営支援の一環及び、会員の生涯学習、自己啓発を促進するため福岡商工 会議所や福岡県中小企業家同友会並びに、会員企業をはじめとして各種団体と提携し て、会員のライフスタイルや企業ニーズに合致する研修、セミナー等の受講助成を行 う。また、新規事業として、福岡地区職業訓練協会と提携し、同協会が実施するパソ コン講習や各種資格試験対策講習の助成を実施する。

4. 情報提供事業(公益目的事業)

 FCFニュースやホームページ等を活用し、的確で迅速な情報提供に努める。    併せて、効果的な情報提供のあり方について検討し可能なものから実施していく。

5. 給付事業(収益事業等)

 会員の慶弔時の給付として、成人、結婚、出産、小・中学校入学、義務教育修了、 結婚記念祝等の祝金及び死亡弔慰金を支給するほか、傷病及び災害時における見舞金 ならびに会員加入年数に応じた永年会員ほう賞記念品を支給する。

6. 加入促進事業(収益事業等)

2年度は、会員目標を34,000人とし下記の活動を展開していく。

加入推進員による勧誘活動
  大手民間企業で営業経験のある退職者を新たに加入推進員(週30時間勤務)と して雇用し、会員数の拡大に鋭意取り組む。
加入紹介キャンペーン
  例年実施している加入紹介キャンペーンを、新年度も継続して実施する。
 (内 容)
 ・事業所を紹介した場合
  1社当たり1,000円相当の「QUOカード」を紹介者に進呈。
 ・紹介された事業所が入会した場合に紹介者に進呈。
  9名まで・・・・・・・・ 2,000円相当の「QUOカード」  
  10名〜49名・・・・・ 5,000円      〃  
  50名〜99名・・・・・10,000円      〃  
  100名以上・・・・・・50,000円      〃   
職員による勧誘活動
  事業所訪問を強化するとともに、過去に勧誘した事業所のうち、加入見送りと なった事業所に、再度、アプローチを行う。
各種業界団体の囲い込み
  各種業界団体等の事務局と密接な関係を構築し、団体傘下の企業等の加入促進 につなげていく。
会員事業所に対する紹介依頼及び脱退防止
  既存の大口事業所を定期訪問し、ニーズを把握するとともに、関連企業や取引 先企業の紹介依頼を行い、退会防止に努める。(紹介キャンペーン制度の活用)
ホームページやFCFニュース等の活用
  当協会のサービスのPRと知名度の向上を図る。